車検費用

ディーラーの車検費用の相場はいくら?高い基本料金もあるコツで安くなります

更新日:

ディーラーで車検を受けた方が安心そうだから、検討しているけど、そもそもディーラー車検費用の相場ってどのくらい?

少し高いイメージがあるけど、他の車検業者と比べてどれだけ高いの?

と、ディーラー車検を受けたいけれど、金銭面で悩まれている方へ。

 

ディーラーの車検では、大体ですが

  • 軽自動車は、60,000円程度
  • 普通車は、90,000円~110,000円程度~(車種による)

くらいで受けることができます。

 

この費用が安いのか高いのか、ここでは、この費用を詳しく掘り下げて

  • ディーラーでの車検にかかる費用と、他の業者と比べての相場感それぞれの車種別に)
  • ディーラーの車検費用は、他と比べてなぜ高いのか?
  • ディーラー車検の値引き交渉の方法(安くするコツ)
  • 代車料金やクレジットカードなどその他の疑問

についてお話ししていきたいと思います。

 

ディーラー車検が高い!と悩まれている方は、以下のサイトで車検費用の見積もりを出すことができますよ。

【エントリーで1600ポイント付】楽天車検エントリーページはこちら

 

ディーラーの車検費用、相場はどのくらい?

車検金額を知る前に…車検費用=法定費用+車検基本料金(整備費用)で成り立っています

まずディーラーの車検費用を知る前に、少し知っておいていただきたいのが、

車検費用は「車検基本料金」+「法定費用」+「追加整備費用」で成り立っているということ。

店舗ごとに車検料金が違う理由は、そもそも「車検基本料金が違う」というところが大きな理由です。

こういったことを念頭に、ディーラーの車検費用の相場感を見ていきたいと思います。

関連

車検費用の内訳について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください↓↓

参考:車検費用の内訳は?

 

ディーラーの車検費用は、相場と比べると比較的高い

結論から言ってしまうと、ディーラーの車検費用にかかる費用は、

車検業界内でも「かなり高め」に設定されています。

 

「どのくらい高いの?」と思われている方のために、

まずは「車検にかかる総額費用(基本料金+法定費用)」をご紹介していきたいと思います。

ディーラー(トヨタ、ホンダ、マツダ、三菱、ダイハツ、スズキ、日産)それぞれの車検費用の比較をしてみた

軽自動車 小型車~1トン以下 中型車~1.5トン以下) 大型車1.5~2トン以下 大型車2.5トン以下
車種 ワゴンR、タント、ムーヴ マーチ、ヴィッツ、フィット、スイフト カローラフィールダー、インプレッサ、ウィッシュ、ゴルフ、ティーダ、デミオ、プレマシー、ポロ、ラクティス、レガシィ、ヴェゼル アルファード、ヴェル ファイア、ヴォクシー、ノア、エクストレイル、エスティマ、ハリアー、マークx、セレナ、ビアンテ、ムラーノ エルグランド、プラド
写真
トヨタ
※ネッツトヨタ中部
63,010円 - 85,010円 96,450円 107,890円
ホンダ
※南京都店
84,070円 96,790円 104,990円 115,350円 -
マツダ
※九州マツダ
76,078円 - 97,430円 109,950円 120,742円
三菱
※東日本
77,266円 92,894円 103,254円 114,694円 -
ダイハツ
※福岡ダイハツ
70,516円 83,276円 - 91,476円 -
スズキ 81,370円 95,170円 103,370円 - -
日産
※日産プリンス神奈川店
58,285円 74,410円 85,550円 95,955円 106,570円
詳細はこちら(トヨタ、日産) ⇒内訳を見る ⇒内訳を見る ⇒内訳を見る ⇒内訳を見る ⇒内訳を見る

※車検基本料金については、店舗、地域により異なります。

※不明な部分は記載していません。直接店舗へお問い合わせください。

※代表者車種、費用については、エコカーでない代表的なグレードの価格を表示しています。グレード、装備などにっては、区分が異なる場合があります。

※税込

 

この表を見られてどう感じられたでしょうか?

初めて車検価格を知った方は、「かなり高い!」と思われたんじゃないでしょうか?

ただ、車検はこの「最低費用」だけでは済まない場合があります。

ディーラー車検では、この他にも「追加整備費用」が上乗せされる可能性が高いです。

では追加整備費用について、どれぐらいかかるのでしょうか?

詳しく知りたい方は、ディーラーでは追加整備費用は勧められない?に飛んでください。

(下にスクロールいただいても大丈夫ですが、内訳紹介が少し長いので、上のリンクから飛ぶのがおすすめです。)

 

軽自動車のトヨタディーラーの車検費用(最低額)

≪代表車種≫

ワゴンR、タント、ムーヴ

※2回目以降の車検費用で算出

車検基本料金 30,240円
重量税 6,600円
自賠責 25,070円
印紙代 1,100円
車検総額 63,010円

 

普通自動車(小型車~1トン以下)日産ディーラーの車検費用(最低額)

≪代表車種≫

マーチ、ヴィッツ、フィット、スイフト

基本料 31,080円
重量税 16,400円
自賠責 25,830円
印紙代 1,100円
車検総額 74,410円

 

普通自動車(中型車~1.5トン以下)トヨタディーラーのの車検費用(最低額)

≪代表車種≫

カローラフィールダー、インプレッサ、ウィッシュ、ゴルフ、ティーダ、デミオ、プレマシー、ポロ、ラクティス、レガシィ、ヴェゼル

車検基本料金 33,480円
重量税 24,600円
自賠責 25,830円
印紙代 1,100円
車検総額 85,010円

 

普通自動車(大型車1.5~2トン以下)トヨタディーラーの車検費用(最低額)

≪代表車種≫

アルファード、ヴェル ファイア、ヴォクシー、ノア、エクストレイル、エスティマ、ハリアー、マークx、セレナ、ビアンテ、ムラーノ

車検基本料金 36,720円
重量税 32,800円
自賠責 25,830円
印紙代 1,100円
車検総額 96,450円

 

普通自動車(大型車2.5トン以下)トヨタディーラーの車検費用(最低額)

≪代表車種≫

エルグランド、プラド

車検基本料金 39,960円
重量税 41,000円
自賠責 25,830円
印紙代 1,100円
車検総額 107,890円

 

ディーラーでは、追加整備費用も高い!

さてここまでは、車検費用(最低額)についてお話ししてきました。

ここまでだと、「まだ許容範囲かな」と思われた方もいらっしゃるかと思います。

ただ、意外に盲点になりやすいのが、追加整備費用。

ディーラーはこの「追加整備費用」をかなり勧められやすいです。

ですので、結果的に車検費用総額がドーンと跳ね上がる可能性もあり得るんです。

参考:車検の追加整備費用はどれぐらいかかる?

 

実際、友人がトヨタのディーラーで車検見積もりをしたところ、

ワゴンR(軽自動車)で10万円台、ヴォクシー(普通車)で20万円の見積もりが出てきて、目が飛び出たそうです。

ディーラーは、「予防整備」を勧めてくることが多いので、

すべて受け入れていては…とてもではないですが支払えない額になってしまいます。

 

(ちなみに、格安車検では、軽自動車は4万円台~、普通車は5,6万円台から受けることも可能です。)

参考:車検費用の相場っていくら?5業者別に平均費用をまとめました

 

ディーラーの車検見積もりは、値引き交渉ができる?

ということで、「ディーラー車検の値引き交渉」をしたいところなんですが…

ただ、残念ながらディーラーでは、「値引き交渉はほとんどできない」と思っておいた方がいいでしょう。

 

私もトヨタディーラーで、オートバックスの見積もり(ノアでオートバックス7万円台、ディーラー10万円台)をぶつけて交渉してみたのですが、一蹴。

「パンフレット以上に安くならないですね。」と言われてしまいました…。

(パンフレットの最低値段自体「高い!」と感じたので、ガックリ来ました…。)

 

ただ、「ディーラー車検が、全く交渉の余地がない」というわけではありません。

ディーラーによっては早割やお得意様の割引があったり、平日に長めに預けたりと交渉次第で、「値引き交渉自体が不可能」なわけではありません。

「どうしてもディーラー車検がいい」という方は挑戦してみてもいいかもしれません。

参考:【車検の値引き方法完全版】ディーラーやオートバックスで、さらに安く抑えることはできる?

 

そもそもディーラーの車検費用は、他と比べてなぜ高いのか?

ただ、そもそもディーラー車検って何がそんなに値段を高くしているのでしょうか。

それが分からないと、モヤモヤしたまま、ディーラーに預けたり、言われたまま高い車検費用を払ってしまうことにもなりかねません。

 

「なんとなくディーラーに頼むと安心感があるし、できればディーラーで受けたい」そう思われている方も多いと思います。

(少し前までは私もそう思っていました。)

 

では、なぜディーラーに車検を頼むと費用がここまで高くなってしまうのか、

「なんとなくの安心感」はどこから来るのか、その理由をこれから解明してみたいと思います。

 

今後2年間乗り続けるために、今必要ない部品まで交換するから

ディーラーの車検は「ただ通すだけ」ではなく、「転ばぬ先の杖」を差し出してくれているようなもの。

ディーラーでは「今壊れていない、しばらく使える部品でも、2年後の車検まで壊れないように丸々交換」することが多いんですね。

だから、車検費用が10万円や20万円などと高額になったりしてしまうんです。

「この交換」が本当に必要なのかどうか、しっかり見定めないと、余計な費用まで払っていることにもなってしまいます。

 

メーカーの純正品(新品)を使っているから

ディーラーで部品交換をするとどうしても、高くなりがちです。

その理由は、中古品で大丈夫なところも、新品を使ったり、メーカーの純正品を使ったりしているため。

個々人の判断にもよりますが、「ブランドにこだわる」方はディーラー車検を受けるメリットがあります。

 

営業、整備士の給料や、メーカーとしてのブランドも上乗せされていることも

あと大きいのは、人件費と、メーカーのブランド力。

これらが車検費用に上乗せされています。

どういうことかというと、「ディーラーで車検する」ということは、「失敗できない」ということです。

「あのディーラーで車検を受けたのに、不具合があった」なんて口コミが多くなれば、メーカーの名前にに傷がつきます。

それを防ぐために、ディーラーでは、良く言えば「しっかり整備チェック」を、悪く言えば「過剰整備」をしています。

また、営業さんが車を取りに来てくれたり、整備工場が近くにないディーラーだと、整備工場まで車を持っていく、取りに行く作業も必要になることも。

…ということは、人件費もかなりかかってきますよね。

ディーラーでは人件費やメーカーブランドのために、車検費用が高くなることも往々にしてあります。

 

ディーラーの車検費用はそれだけの価値があるのか?

「ディーラーの車検、ブランド力に+5万も10万も出す価値があるのか」その結論は、価値観によって異なると思います。

十分車検にかける費用があるなら、ディーラーで受けた方が安心ですし、家計がひっ迫している、車検費用にそこまで値段をかけられないのであれば、別の業者を検討する余地もあります。

 

ただ、個人的な考えを言わせてもらうと、

ディーラーで車検を受ける必要は必ずしもないです。

私も昔は「絶対ディーラーが安心」と思っていましたが、格安車検を4回ほど受けてきて、その思いは変わりました。

 

確かに、ディーラーで車検を受けると、とにかく手厚いですし、その分安心感は高いです。

でも、考えてみてください。

車検に合わせた部品交換だけで、+5万円、+10万円などの追加費用が上乗せされるんです。

車に、しかも2年に1回来る車検のために、それだけの代金を出せますか?というところです。

 

しかも、ディーラー車検で受けたからと言って、「必ず2年間安心して乗れる」というものでもありません。

一番辛いのは、「ディーラーで車検と追加整備をしてもらったのに、不具合が出る」こと。

「安心」のためにディーラーに車検を出したのに、ディーラー車検が「100%安全」とは言い切れないんです。

下のような口コミをされている方もいらっしゃいました。

2005年に購入した軽を今年2月に正規ディーラーの車検に出してます。
今日燃料補給したついでにタイヤに空気を入れようとしたら、空気が漏れ始めました。ガソリンスタンドに尋ねると、タイヤのバルブがだめになっているとのことで、修理してもらおうと思ったら、3本だめになっており、修理するくらいなら、タイヤ交換したほうがましだと言われ、交換しました。(タイヤは車購入以来交換無し、走行距離16,700km、タイヤにはひび割れ、大きな磨耗なし)
またエアコンのコンプレッサーオイルとガスも減っているといわれ、補給してもらいました。確かに補給する前よりエアコンの効きは良くなりました。

ここで質問です。私は正規ディーラーでの車検が良いと思ってずっと正規ディーラーに依頼していました。またディーラーの言いなりにオイルも部品類も取り替えて来ました。しかし今日、タイヤのバルブとエアコンのオイルとガスの件でディーラーに不信感を抱きました。
車検時の点検で、この程度のことを予測できなかったのかと。次の車検まで、経年変化による故障修理をしなくて済むようにと思ってディーラーに車検をお願いしてきたのに残念です。

今回の故障は予測できない物だったんでしょうか。今後ともこのディーラーを信用して良いのでしょうか。

出典:教えてgoo

こういったことが起こるのは、ディーラーでは車検で点検を行うのは、入社1、2年目の整備士が多いといったところが大きいのかもしれません。

(もちろん、2重3重のチェックはしていると思いますが。)

 

こういった「車に関する不安」をなくすには、

「ディーラーに頼りきりになるのではなく、しっかり「交換目安」に沿って、自分自身でこまめに部品交換をすること」

が大事です。

 

「部品交換」を決まった時期にきちんとしていれば、

  • 車検も格安車検で十分だし(5万円、10万円浮くことも
  • 部品は必要な時期に取り換えるので、部品の費用負担は少なくなるし、
  • 自身の車の状態を知りながら、安心してカーライフを送ることができます。

⇒参考:車検で必要な部品交換は?交換目安とあわせて紹介

 

とは言っても、「今まで車のことを何も知らなった」「部品交換の時期もあまりよく知らなかった」という方がほとんどだと思います。

でも、今からでも大丈夫です。

ディーラー車検の事前見積もりで大量の部品交換を勧められたからと言って、必ずしもディーラーで部品交換をする必要はありません。

カー用品店に頼むと、半額以下で部品交換をしてくれることもありえます。

それをディーラーに持っていって車検に通してもらう…といったこともできます。

 

ただ、そこまでするなら、初めからカー用品店や車検専門店で、車検を通す方が、おすすめです。

手間も料金も、ディーラー車検より圧倒的に少なく済むからです。

確かに技術面はディーラーより少し劣るかもしれませんが、整備工場をもって「プロ」としてみてくれる方ばかりなので、安心して任せて大丈夫です。

(私も2台の車×2回、カー用品店やガソリンスタンドで、車検を通していますが、それが原因で不具合が出たことはありません。)

 

ただ、車の状態がどうしても不安な方は、民間車検でも車をしっかり見てくれる「整備を重視したコース」もあります。

また、ディーラー以上に親身になって整備してくれる車検業者だってあります。

 

もし費用を安く抑えたい場合は、他の車検業者も検討してみるといいかもしれません。

参考:車検費用はどこが一番安い?「ディーラーが高い」と不満な私が、よりお得な6社を徹底比較してみました

 

ディーラーのの車検費用にかかる、その他の疑問にお答えします

さて、今まではディーラーの車検にかかる基本的な費用を見てきました。

これからは、ディーラーの車検にかかる、費用周りのもろもろの疑問についてお答えしていきたいと思います。

代車料金はかかる?

店舗によりますが、代車料金は基本的には、かかりません。

ですが、代車の有無、代金の有無は店舗によるので、必要な場合は、見積もりの際に尋ねてみることをおすすめします。

混んでいる月は「代車が用意できない」と言われたこともあるので、早めに確認しておきましょう。

 

見積もりだけでキャンセルできる?代金はかからない?

もちろん、見積もりは無料ですし、キャンセルも可能です。

付き合いのあるディーラーだと、断るのは心苦しいかもしれませんが、

他に頼むにしても、「必要な整備」を見るためにも、見積もりはできるだけもらっておいた方がいいでしょう。

 

整備保証はつく?

車検をした個所について、不具合が出てきた場合「6か月又は1万kmまで」保証しているディーラーが多いです。

(トヨタ、ホンダ、マツダ、三菱、ダイハツ、スズキ、日産は上と同じ保証がつきます。)

整備(交換・修理)を実施した箇所に不具合が生じた場合、その不具合箇所を無料で整備させていただく整備保証(6か月または1万kmまで)をお付けしています。

出典:日産ホームページ

ディーラーによって取り扱いが異なる場合もありますので、気になる場合は問い合わせてみましょう。

 

ディーラーの車検を受けたとき、クレジットカードは使える?

ディーラーの車検費用は、

  • 全額クレジットカードで支払うことができるディーラー
  • 法定費用以外(車検費用、整備費用、部品代)を、クレジットカードで支払うことができるディーラー

があります。

調べた限りでは以下の通りでした。

トヨタ 「TOYOTA TS CUBIC CARD」のみ、全額支払い可
ホンダ クレジットカード可※店舗による
マツダ クレジットカード可(法定費用は不可)
三菱 クレジットカード可
ダイハツ クレジットカード可(法定費用は不可)
日産 クレジットカード可
スズキ クレジットカード可
スバル クレジットカード可(法定費用は不可)

※店舗によっても取り扱いが異なる場合があります。

 

クレジットカードのローン払い・分割払いはできる?

ご契約のクレジットカード会社によって異なります。

ご契約のクレジット会社に確認してみてください。

 

まとめ

ディーラー車検の特徴としては、

  • チェック体制がしっかりしているので、ある程度は安心
  • メーカーの、新品純正品の部品を使ってくれる

といった点で、

ディーラー車検は費用さえ度外視すれば、安心度が高いのは事実でしょう。

 

ですが、ディーラーにまかせっきりにするのも、少し危険。

ご自身で、ある程度は車の部品交換の目安を知っておくことが、車検費用の節約にも、部品代の節約にもつながります。

 

もう一つ、お伝えしたいのは、

「ディーラー車検が絶対レベルが高くて、格安車検が絶対レベルが低いもの」とは限らないこと。

 

格安車検でも十分ユーザーに寄り添って整備してくれるところはあります。

もし「車検費用を節約したい」と考えられているなら、ディーラー以外に目を向けてみるのも一つの手です。

⇒おすすめの車検業者はこちら

 

ディーラーの口コミを詳しく知りたい方はこちら

もし、ディーラーの車検ってどうなの?と思われている方は、以下の口コミも参考にしてみてください。

⇒ディーラーの詳しい口コミを見たい方はこちら

 

ディーラー以外の安く受けられる車検場所を知りたい場合はこちら

「もう少し安い車検も見て比較してみたい」という方は、以下の記事も参考にしてみてください。

車検費用はどこが一番安い?「ディーラーが高い」と不満な私が、よりお得な6社を徹底比較してみました

  • この記事を書いた人
ぺちまま

ぺちまま

ノア、ワゴンRを ディーラー⇒ガソリンスタンド⇒オートバックス⇒オートバックス(軽自動車) ディーラー⇒ガソリンスタンド⇒オートバックス⇒コバック(普通車) と通してきました。 (不調は1度もなし) 「車検は、安かろう悪かろうではない!!」 車検費用に悩むあなたに、このことを伝えたくて、このブログをはじめました。

-車検費用

Copyright© 車検のみかた , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.